囚われの女がいた。体型は細く脚も長い色は白く張りのいい乳房が黒の縄で締め付けられより隠微に張っている。強引に乳首をちぎられて小さく呻く。色っぽく可憐な喘ぎは、育ちの良さを露わにする。まずは軽く鞭で鈴を鳴らす様に喘がせる。M字に拡げられた内ももには未だ傷一つなく真っ白でなめらかだ。小刻みに震えるヴァギナの陰影がパンティ越しにうごめくのがいかがわしい。私は、いつの頃からこのような辱めに快感を感じるようになったのだろうか?自問自答している女のうめき声はことさらに陰獣の野生を呼び覚ます。今回の責めはじっくりと鑑賞されたし。肉体の陰影と喘ぎ、呻き、叫び。女の悲しい性をゆっくりと堪能できる作品だ。このようなSMは最も日本的で陰湿だ。変則M字縛りで長く美しい脚が抵抗を見せ始めた。いくら美しく綺麗な女も所詮雌豚だ。蝋燭の執拗な責めに蒸れたまんこは既に潤滑する。前技も無しに生でゆっくりと刺す!!パイパンに強くディルドを出し入れされ何度も絶頂するこの淫らな雌豚は、本物のM女である。ケツの穴とまんこの同時ディルド責めは圧巻!この女はイキながら痛みを与えることが必要なほど業の深さを感じる。薄幸の細面の表情がさらなるカリスマの表現を呼び起こす珠玉の作品である。

READ MORE : 絵里香 みだら調教 褥女

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です