とある高級住宅に住むあおい、火事も終わって何もすることが無くなったとわかると、体の奥からひしひしと欲望が沸き立ってくる。オナニーをするも満足できず、配達の若い男を引きずり込み堪能する。胸から腰にかけての極上のボディライン、甘いマスク、大きくてありのあるロケットオッパイ、こんな極上の女を抱ける若者はなんて幸せ者なんだ。ピストンのたびに膣口が竿にまとわりついて、自由自在に締めまくる欲求不満の女の性。

READ MORE : あおい 昼下がりの情事、ほてった若妻の体を癒やすのは若い男。極上ボディと極上マンコに若者は何処まで耐えられるか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です